6月の折り紙教室 作品


2019年6月10日

『紫の もっとも深き一群れに 想いをのせん あじさいの花』(参考:俵万智 歌集)

6月といえば、梅雨。

雨の穏やかな情景にぴったりな花といえば、紫陽花。

 

今月の折り紙テーマは、「紫陽花」です。

ajisai2 ajisai3

「紫陽花」の学名は、hydrangea(ハイドランジア)、ギリシャ語で〈水の器〉。

雨を受ける器・・・なんとロマンティックで素敵な名前。

花弁と思われているのは実はガク弁。ajisai4

ajisai1  真ん中にある小さいポチッとしたところが本当の花弁。

本物のように表現されています。

 

紫陽花の花言葉・・・全体的には→辛抱強い、家族団らん、仲良し、平和、友情

花の色によって花言葉に違いもあるそうで・・・。

・青色→辛抱、忍耐強い愛情、知的、神秘

・緑色→ひたむきな愛

・白→気の迷い、寛容

・ピンク・赤紫→元気な女性 ajisai5

 

ajisai6 悪い意味もあります。移り気、冷酷など。

(色が変わっていくからなのでしょうか)

 

でもでも、紫陽花の色は、土壌の成分によるものもあるそうです。

アントシアニンという色素に関係しています。(ブルーベリーなどに含まれている色素と同じ)

・酸性が強い土壌は、青系(日本に多い)

・アルカリ性が強い土壌は、赤系(ヨーロッパに多い)

なるほど、なるほど、調べれば調べるほど、奥が深ーい。

 

そんなミステリアスな紫陽花。

本日、皆様の作品 ajisai7 ajisai8

ajisai9 ajisai10

とても素敵な〈水の器〉です。

 

 

次回の折り紙教室は、

7月8日(月)13:30~

心を奪われるような作品に巡り会えるかも・・・。

ご見学・ご体験、お待ちしております。

 

 

  


TOP